自己紹介

ご覧頂き、ありがとうございます。
「自己紹介」と題したこちらの項目。

自分で言うのも何ですが、長いです。

自己紹介に興味のない方は、上のタブから
[paletteに込めた想い]をご覧ください。

松尾 真弘(まつお まさひろ)
AB型 大阪出身、大阪在住の1月7日生まれ

野球一筋の学生時代、
大きな怪我を負い、入院しました。

生きたくないと思うほどの絶望と向き合う毎日。
テレビをつけると、吉本新喜劇の時間でした。

たくさん笑いました。
気付いたら、笑っていました。

_ いままでに味わったことのない、
_ 不思議な感情が込み上げる。
_ なんだか今までの日常と違う景色が広がる。
_ なんと表現すれば良いのか。

このとき、夢ができました。

「お笑い」をする!そう言って、
退院後、想いそのままに家を飛び出し、
夢を追いかけ、大阪ミナミで一人暮らしを開始。

そのときに始めたアルバイト
「ホテルでのサービス」が今の人生の始まりでした。

お客様からいただく言葉の数々、
「最高のサービスのおかげで今日は最幸やった」
「ここのサービス、最幸やったな!」
「また来るからサービス担当してくれへん?」

とある日のホテルでのビッグブライダルフェア
ウェディングプランナーでもない、

いちサービスマンが、偶然にも一組のお客様を
ご案内させて頂くことになり、まさかの嬉しいお言葉。

「ここで結婚式がしたいです。担当して頂けませんか」

迎えた、結婚式当日。
おふたりの担当を務めさせて頂き、結びに一言。

「松尾さんに出逢えて、人生が変わりました」
「最高に幸せ。とにかく幸せです」

目の前で見た。見えた、溢れる「幸せ」という感情。

結婚で人生は大きく変わる。すっごく変わる。

新郎新婦は昨日までとは違う、
輝く日常を見つけたようでした。

この瞬間、ウェディングプランナーになることを決意。

良く聞かれることがあります。
「お笑いは?」
私の中で、夢は変わってません。

本当にありきたりで、シンプルです。

「ひとを幸せにしたい」
「ひとの人生を変えたい」

それが夢です。

ウェディングプランナーとなり、10年近く。
何千組という沢山のお客様との出逢い。

とにかく幸せな日々でした。

その中で気づいたことがあります。
その想いで『palette』を立ち上げました。

自己紹介と題し、話が逸れました。

お肉より、お魚派です。
あ、でもお肉も大好きです。お野菜も大好き。

『palette』に込めた想い、引き続きご覧ください。

「幸せ!」それだけでいいんです。
それが1番の想いです。

palette(パレット)に込めた想い


たくさんのお客様との出逢いの中で、

ハッと気付かされたこと。

「幸せ」の感じ方はひとそれぞれ。
「幸せ」には沢山のカタチがある。

そのカタチはみんな違う。
誰ひとりとして同じ人はいない。

十人十色という言葉があるように、
皆違う「色」を持っている。

幸せを「色」で例えるなら、それもまた十人十色。

ただ、共通していたのが
「幸せ」を感じている人は、
眩しいくらいにキラキラしているということ。

その人にとっての人生という時間が
どれだけの「幸せ」で溢れているか。

常にキラキラ見える人って
辛いことも沢山あるだろうけど、
それ以上に「幸せ」とも感じられることが
沢山あるんだろうな。って。

palette = 色を調合するためのものです。

『palette』はそのひとが持っている「色」を
存分に活かしたうえで、
今よりもさらに
そのひとの「色」がぐんと輝くように
幸せの「色」を混ぜ合わせる。

まさに『palette』のような存在でありたい。
新たな「色」を加えられる、土台でありたい。

そういう想いを込め『palette』と名付けました。

私の『palette』でいう「色」は「幸せ」です。

今、ご覧頂いているあなたが今よりも輝くように。

味わったことのない「幸せ」で人生が溢れますように。

paletteにおける「色」=「幸せ」

輝くのも、濁るのも創るひと次第だと思うんです

ロゴマークに込めた想い


もし、特技・得意なことは何ですか?

そう聞かれたら、おそらく答えは一つです。

「結婚式を創ること」

とにかく、結婚式が大好きなんです。

結婚式もですが、なにより笑顔が溢れる、
「幸せ」
の空気が目に見えて溢れ出る、

あの空気感が堪らなく大好きなんです。

いつみても、鳥肌が立つし、ニヤけるし、
お手伝いしてる側なのに、すっごく幸せになるんです。

大好きな結婚式を通して、
ひとりでも多くの「幸せ」のお手伝いがしたい。

そう想いを込め結婚を連想する『寿』という一文字を
イメージして、ロゴマークに取り入れてみました。

寿 = ことばで祝うこと。
その祝いのことば。また、祝うべきめでたい事柄。

ご祝儀袋や熨斗(のし)、至る所にある「寿」の文字。

おふたりへのお祝いの気持ちも精一杯込めて
おふたりだけの「色」を「幸せ」を創造します。

自信を持って、ひとつだけ言わせてください。

絶対に「幸せ」を感じれます。

人生が大きく変わります。
見たことないくらいに人生が輝きます。

楽しいです。
「幸せ」と思える人生。

心から「幸せ」を願うなら、任せてください。

私は「幸せ」です。

とびっきりの「幸せ」感じてください。